領域移動 操作例


(1)領域を移動する

例:元の領域(C4:G6)を選択します → カーソルキーで移動先を選択します


(2)領域のサイズを変更する

例:元の領域(C4:G6)を選択します → 「Shift」+カーソルキーで、変更後のサイズを選択します

補足:サイズが元のサイズより大きくなる時は、一番右または下のセルを拡張します

   サイズが元のサイズより小さくなる時は、一番右または下のセルを縮小します


(3)領域をコピーする

例:コピー元(C4:F6)を選択します → 「□領域をコピーする」にチェックします → コピー先(G4:I6)を選択します

例:「□値のみコピーする」をチェックした場合


(4)切り取ったセルの挿入

例:移動元(C6:H6)を選択します → 「□切り取ったセルの挿入」にチェックします → 挿入先(C4:H4)を選択します

※Excelの標準機能との違い

挿入する方向に結合セルがあっても、結合を解除せずに実行出来ます。

上記例では、H7:I7が結合されていれば、Excelの標準機能では結合が解除されてしまいます。


(5)領域を入替える

例:入替え元(C4:F6)を選択します → 「□領域を入替える」にチェックします → 入替え先(G4:I6)を選択します

例:「□値のみコピーする」をチェックした場合


(6)その他

コピー(Ctrl+C)や切り取り(Ctrl+X)を選択してから、実行することも出来ます。

こちらも参照ください。


応用例

(1)列を分割する

以下のように列を分割したいとします。

操作方法

(a)元の領域(C4:G7)を選択します → 領域を縮小(C4:E7)します → 「OK」

(b)領域(C4:E7)を選択します → 「□領域をコピーする」にチェックします → コピー先(F4:G7)を選択します → 「OK」


(2)図形を入替える

円柱立方体を入替えたいとします

操作方法

円柱の領域(C4:E6)を選択します → 「□領域を入替える」にチェックします → 立方体の領域(F4:H6)を選択します